ブログの目的は、読者に読んでもらうことですが、
読んでもらう為には、読み手にとってこういった
事が書かれていないといけません。

 
「役に立つ記事」

「得する記事」

そして単純に

「面白い記事」

 
役にたつ記事、ある意味
専門的な目線で物事をしっかり見ないと
書けません。

 

 

得する記事も、ひとつのことを深く
掘り下げないと、そこまで行かないかもしれません。

 
ところが、面白い話は自分の経験も含め
いくつかあったりします。

 
自虐ネタもあるかもしれませんし
事件的に書くことも出来ます。
面白い話の定義とは、どんなことでしょう?
面白い=笑える・・・・とは限りません。

 

 

その要素は、多分に含まれますが。

 

これは、面白い話=誰かに言いたくなる話。

 

これが一番、当てはまっています。

誰かに伝えたくなる話です。

 

そしてもうひとつの要因は

 

「非日常的な話」です。

 

通常では、ありえない話、考えられない話です。
「あいつ、昨日1000円拾ったらしいよ」

「ふ~ん、オレもあるよ」

「・・・・」

 

 

この話はこれで終わりでしょうが、こちらは違います。
「あいつ、昨日100万拾ったらしいよ!」

「うそ!それでどうしたの?」

「交番へ行こうとしたけど・・」

「それで?」

 
話の続きが聞きたくて仕方なくなります。

 

そんな「ありえない話」はそんなにない、と
思われるかもしれませんが、よく考えて下さい。
そのありえない話とは、「読み手」にとってです。
書く側のあなたではなく、「読み手」側にとって
そう思える話です。

 

これは「ありえない話」にもなるし、
「誰かに言いたくなる話」にもなります。

 
単に経験値の差だけではなく、生活環境や
本人の価値観の違いがあれば、こういった話は
いくらでも出てきます。

 
これを意識すれば、誰でも「面白い話」を
書くことが出来ます。

「誰かに伝えたくなる話」

「非日常的な(ありえない)話」
身の回りであったこと、、以前友人に聞いたこと、

自分に起こったこととか・・・

ありませんか?

 

 

まずは、ブログに書いてみてください。

では、また!