ヘッドコピーは、最初に読まれる重要な

文章であることは、認識されていると思います。

 

それに拘りすぎて、本来のヘッドコピーの

役割を疎かにしてしまうコピーを

書く場合があります。

 

本来、ヘッドコピーはその「商材」「教材」の

内容や概要を説明するのでは無く

如何に興味や関心を引き出すか?

 

役割はこれしかありません。

後に続くボディーコピーや

ブレット、特典がどれだけ

素晴らしくても、ヘッドコピーで

興味を引いて、後の文章を読んで

貰わない限り「成約」は成り立ちません。

 

逆に言えば、ヘッドコピーで

引くことさえ出来れば、成約までの

ハードルはかなり下がったと、解釈すべきです。

 

それくらい重要な位置づけをするものです。

 

ですから当然、完成までの時間と

労力は相当なものです。

 

 

私が現在受けているコンサルでは

何度も何度も書き直しが

迫られます。

 

 

 

「反応が取れるコピー」ではなく

「反応を下げるコピーを書かない」

 

コレが先にきます。

 

反応が取れる前に、反応を下げる、つまり

その先を読んで貰えないだろう要因を

詰められます。

 

反応を下げるコピーであれば

書かない方がマシ、という事です。

 

あと、ちょっとしたことですが

コピーとは、相手、即ち読み手に

メッセージを伝える訳ですから、

その書き方にも注意が必要です。

 

「~でしょう」

「~になるはずです」

と言った、スピーチや演説口調な言い回しは

明らかに反応を下げます。

 

よく言われますが、

【一人】

に対して、それもアナタにとって

大事な人に話しかけるイメージを

持つことです。

 

 

本日はここまです。

 

 

続きはまた明日!