影響力の武器  実践編の解説、

2回目です。
今日は、「バンドワゴン効果」を更に

高め、説得力を強める為の方法です。

 

 

あまり聞き慣れないコトバですが、マーケティング

では良く使われる言葉のようです。

一緒に勉強していきましょう!

 

まず「バンドワゴン効果」の意味ですが

 

ある選択が多数に受け入れられている、

流行しているという情報が流れることで、

その選択への支持が一層強くなることを指す

  (引用元  Wikipediaより)

 

相手の思考をこちら側に誘導するには

誰か、第三者に良い証言をしてもらう事が

効果を発揮します。

 

誰かを説得するには、自分の意見を押しつける

のではなく、相手の状況に最も近いと思われる

思考を持つ人や、それを知っている、或は経験値

を持っている人が説得に当たると、成功率は上がる

訳です。

 

理屈と権限だけで部下に、新しい事や無理難題の

プロジェクトをやらせようとしても、上手くいきませが、

それを実際にやっている同僚や仲間が、一言

「これでやったら、恐ろしいくらい成果が上がった!」

という話をすれば、「説得」という面倒な時間を使わずとも

やらせることは、とてもスムーズになるという事です。

 

勿論、感情面での「ストレス」も、残らないでしょう。

 

 

是非、覚えておいて活用してみて下さい。

 

 

本日はこれまでです!

また次回に!