ムラヨシです。

今日は、キャッチコピーとターゲットの関係を
お話します。

普通に考えると、ターゲットが決まって
コピーを考えていく・・・・

順番はこれです。

でも、結果としてコピーを読むことで
ターゲットが決まってしまう

という場合もあります。

例えば、こちらのコピーですが・・・

 

 

無題1

歯磨き粉のコピーです。

画像が使われているので、イメージが
先行しますが、読んですぐわかるはずです。

20代前半~30歳くらいまででしょうか?

主に女性を中心としていますが、男性にも通じます。

でも、40代の男女や10代の方たちに
アピールしているとは思えません。

その理由は、朝起きてすぐにキスをする・・・

既婚者の方で、新婚でもない限り
このような幸せな?行動パターンをされている
方は、どれくらいいるでしょう。

欧米とかの生活様式なら、ともかく
(彼らはいくつになっても、
人前でもキスしますから)

日本人の場合、少ないはずです。

これが出来るのは、恋人同士のはずです。

それと文字の使い方で「キス」だけ
「KISS」と英語表記
です。

「キス」ではなく「KISS」です。

オシャレ感もあり、意味深な部分だったり
ライターの方の意図が、隠されているはずです。

恐らく、英語の「KISS]に反応してくれる
感性の高い「女性」をイメージ
したのでは?

と思います。

いずれにせよ、年配者や子供向ではないことは
確かです。

既婚者も想定していないでしょう。

このコピー一つで、これだけのターゲット像
見えて来ます。

秀逸はコピーには、こういった力があると
いうことです。

ここまで至るには、沢山の時間をリサーチ
に割いたことが、伺えます。

コピーだけで、ターゲットが見える・・・・・

これだけ、ターゲティングされていますから
ターゲット以外の人が、商品を買うことはない・・

そうならないのが、マーケティングの
不思議な力
です。

そのあたりをまた、次回に!

では、また!