kopi%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92

 

 

こんにちは!

 

テーマが決まっても、いきなり文章をやみくもに

書き出しても、とりとめのない文書となり、読む側に

伝えたいテーマがぼやけてしまいます。

 

そうならない為の書き方を、お伝えします。

 

 

1)総論、各論、結論の3つに分けて書く。

 それぞれを説明すると、総論はこれから書こうとするべき

 テーマであったり、何を書くのかを明確に伝える事です。

 

 次に、各論ですが、これはテーマに基づく具体的事例であった

 り根拠、考えなどをいろんな見地から出してまとめたものです。

 

 そして結論、まとめとしてカンタンに解説、総評しテーマに

 戻って何を言いたかったのか、今一度振り返ります。

 

%e7%b7%8f%e8%ab%96

 

 

 次に「パラグラフライティング」を説明します。

 

 「パラグラフ」というと「段落」という意味だと思っている方も

いるようですが、正しくは「ひとつのテーマで統一された括り」

という解釈の方が合ってます。

 

文章を書いていくと、途中で他の要素が入ってきたり、話が

脱線して関係のないテーマに及ぶ事があります。

そうならないように注意し、必要に応じては、他のパラグラフを

立ち上げ、小見出しを付けていくという方法があります。

或いは、「注釈」という解説文を入れることもあります。

本日はここまでです。

 

 

まとめは

1)web文章を書く時は、総論、各論、結論の3つに内容を

  分けて考えて書く。

2)それぞれの内容を把握しておくことが大事。

3)パラグラフは段落ではなく、テーマ毎の括りと認識する。

4)他の要素が入る時は、別のパラグラフを立ち上げ、読み手が

  混乱しないようにする。

*パラグラフについてもっと知りたい方はこちら

以上です。

では、また!