こんにちは!

web文章を書くにあたり、誰もが思うことは、出来るだけ上位表示

されていることです。

それを叶えるべき戦略の一つは「文章構成」です。

 

あるべき構成とは

1,「1ページは、1キーワードで書く」

例えば前例で出した「水素水 効能」  

これであれば、「水素水の効能について」というコンテンツを作って

いきます。

 

もし、文章の流れで他の要素が出て来るようであれば、その内容は

別ページを作成し、そちらでコンテンツを作ります。

「水素水の価格比較」「水素水のカンタン作り方」

 

2、文字数は、500~1000文字を目安に

 

 一つの文章は500文字から多くても1000文字くらいです。

 500文字以下だと、検索クローラー(グーグル)から嫌われる

 ようなので、500文字以上を目安に心がけて下さい。

 

 1000文字ともなると、それなりに「文章力」が要求されます

 ので、日々練習しましょう。

 

3,「タイトルタグ」と「ディスクリプションタグ」の違い。

 「タイトルタグ」は検索結果で出てくる文章で、「ディスクリブション」

 はそのタイトルの説明文です。

tagu%e8%aa%ac%e6%98%8e%e7%94%bb%e5%83%8f

 

 

「タイトルタグ」は

1,目標となるワードを必ず挿入

2,内容と合ったタイトルを付ける。

3,文字数は30文字以内で、キーワードは前方に。

「ディスクリブションタグ」は

1,目標となるワードを挿入

2,内容に合った文章とし、他サイトとの違いを出す。

3,120文字を目安に、わかりやすく、キャッチーな

  文章を意識する。

 

私達は検索結果を、上から順に見るとは限りません

無意識の内に、画面上で比較をしています。

 

検索内容に沿った、タイトルそしてその意図に合う

ディスクリブションタグを付けることで、上位表示も

可能になるわけです。

 

 

では、本日のまとめ。

上位表示の文章構成では

1)1ページに1キーワードで書いていく。

2)500文字から1000文字を目安に。

3)タイトル、ディスクリブションタグは注意事項

 を守り、検索意図を考えてキャッチーなものにしていく。

 

以上です。

では、また!